ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
書籍情報
体育のカリキュラム開発方法論

体育のカリキュラム
開発方法論

丸山真司
発行 2015年3月5日
定価 (本体3,000円+税)
ISBN978-4-86413-061-5
A5判上製・本文288ページ

【目次】

まえがき
序章
第1節 問題の所在―体育におけるカリキュラム及びカリキュラム研究をめぐる問題―
第2節 先行研究の検討
第3節 研究の目的と方法
第1章 カリキュラムとしての学習指導要領の体育教授学的検討
第1節 学習指導要領にみられる内容編成論の検討
第2節 学習指導要領(体育)における目標および内容の教材史論的検討―「跳び箱」教材を例にして―
第3節 学習指導要領(体育)の教科内容論的検討―ルール学習を対象にして―
第4節 体育における「歴史追体験学習」の試み―バレーボールのルール変遷史を教材にして―
第2章 ドイツにおけるスポーツ指導要領の開発過程
第1節 ドイツのスポーツ指導要領に見られる内容選択と必修・選択の原理
第2節 学校スポーツの「正当化」問題とスポーツ指導要領の開発プロセス―特にノルトライン・ヴェストファーレン州(NRW 州)のスポーツ指導要領開発に注目して―
第3節 NRW 州におけるBewegte Schule の構想と実践
第4節 ドイツにおける教師によるスポーツ指導要領の評価
第3章 実践を基盤にした教師による体育カリキュラム開発の実現過程
第1節 教師による協同的カリキュラム開発の活動原則
第2節 『試案』における目標・内容構成の理論的基礎
第3節 『試案』づくりを可能にした組織的研究活動の展開
第4節 自前の体育カリキュラム開発の方法
第4章 教師による体育カリキュラム開発の波及効果
第1節 カリキュラム(づくり)の視点を持つ実践研究の意識化
第2節 教材カリキュラム開発の促進と典型教材の開発―器械運動のクロスカリキュラムを例に―
第4節 体育のカリキュラムづくりと学校づくり
第5節 教師による体育カリキュラム開発の試行的実践モデル―石原一則・小山吉明の中学校体育カリキュラム開発―
第6節 「運動文化の学習と人間発達」のモデルの提起
終章
第1節 本研究のまとめ―実践を基盤にした教師による体育カリキュラム開発方法の原則―
第2節 今後の研究課題
文献一覧
初出一覧
あとがき
 
MAILオーダー

MAILオーダーの内容が文字化けして表示される場合はこちら

書籍情報トップへ戻る
次の書籍を見る
オススメ
小学生の陸上競技指導と栄養・スポーツ傷害
書籍のご注文はこちら
オススメ
ねこちゃん体操からはじめる器械運動のトータル学習プラン
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2019 SOBUNKIKAKU. all right reserved.